2010年 02月 02日
In memoria di padre e


f0208350_984896.jpg
Arriva al cielo

気づいた時には
あまりにも遅すぎて
今は伝える術もない
あなたへの想い


今日は父の命日。あっと言う間の1年でした。
今でも、もういない父の姿をどこかに追ってしまう自分がいて、
ふと我に 返り、涙することが多々あります。
不思議なもので、父の良いところしか思い出さないんですよね。
解り合えず、ぶつかったこともたくさんあったはずなのに。
父の優しさ、温かさを今になって感じるなんて皮肉なものです。
何かで 読んだことがあるのですが、それは、
その人が天国の住人になったから、人々に美しい思い出だけを
振りまいているのだそうです。だからあなたの心の中には、
美しい記憶ばかりが残っていくのだと。。。




人は悲しい思いをした分、人に優しくなれる。
私が人として成長するには、もう少し時間がかかるかもしれない。



これから父のお墓参りに行ってきます。

[PR]

by amarlaux | 2010-02-02 09:24 | daily.....


<< Una scena di un...      Il fondo del ci... >>